ライン
ライン

狩猟小史

狩猟(chasse)、それは神あるいは動物から人間に教授されたものと言えるでしょう!
古代ローマの神話(mythologie)には、狩猟の神ディアナ(Diane)は女神、つまり女性でした。しかしながら歴史的、民族誌学的に見ると、狩猟は、人類(espece humaine)にあっては本質的に男性の所業のように思われます。

histoire

小動物を罠(piege)にかけ捕らえることは古くからの慣習(pratique)です。有史以前の(prehistorique)人々はほとんど単一的な狩り(マンモス(mammouth)、トナカイ(renne)等)を行っていました。狩猟・採集民は、夏に北上し、冬は温暖な(doux)気候(climat)を求めて引き返しつつ獲物(gibier)を追ったと思われます。こうした行為はイヌイットをはじめアメリカのいくつかの部族がごく最近まで実践していたような遊牧生活(nomadisme)を発展させましたが、現実的にもう存在しません。というのも、急速に進む自然の崩壊、その主たるものは交通機関(transports)(高速道路、TGV路線、強固な堤防を備えた運河等)のインフラ整備による環境の崩壊に起因します(etre du a~)が、こうした自然の崩壊によって大型動物(渡り鳥(oiseau migrateur)を除く)の移動がまったく制限されてしまったからです。

histoire

農耕・牧畜の生活が始まったのちは、生計手段としての(en tant que~)狩猟の重要性は、人類の大部分には微細なものになりました。いくつかの古代文明においては、狩猟はすでに娯楽としかみなされ(considerer)ていませんでした。だんだんと狩猟はごく一握りの人々によってしか実践されなくなっていったのです。

中世(moyen age)に入ると、狩猟は貴族(noblesse)や高官、聖職者(clerge)らの特権(privilege)になっていきました。この時代狩猟の特権は形式化されていきます。すなわち、大型の獲物の狩猟は貴族に独占され、その他の人々は小型のもの(野ウサギ(lievre)や家禽類)を獲ったのです。

histoire

フランス革命を経て、狩猟はヨーロッパで広く普及する(populariser)ようになりました。その後帝国主義の拡大とともに火器(arme a feu)を使用した狩猟様式が全大陸で発展し(se developper)ていきます。そして現在は、どちらかといえば農村部の(rural)行為として残っています。狩猟は徐々に規則が整えられ(狩猟の免許(permis de chasse)、ライセンス、狩猟計画、狩猟の権利等…)、経済の重要な一翼を担っています(森林歳入(revenu)の70%、フランスでは少なくとも一般に50%を占める)

ページ1    ページ2    ページ3





TOPへ
ライン
利用規約 お問い合わせ 対応機種 プライバシーポリシ
会員登録 会員削除 特定商取引法に基づく表示 メルマガ配信設定