ライン
ライン

猟銃



arme

上下2連銃は、20~30年代以降に発展し(se developper)てきました。それ以前は、撃鉄(chien)の問題から製造(fabrication)は不可能でした。上下2連銃の構想は、ハンマーレスガン(撃鉄が内蔵された銃)の登場によって可能になりました。ハンマーレスガンは、ハト(pigeon)の狩猟者によって始められました。彼らはその照準が水平2連銃より早く正確であることを見つけたのです。

実は水平2連銃と上下2連銃のあいだには正確さのレベルに関して論争があります。上下2連銃は現在もっとも広く普及している(repandre)猟銃です。

Le fusil juxtapose
水平2連銃

arme

現在も優れた猟銃として残り、狩猟の象徴でもあります。この銃の製造は他の銃に比べ簡単です。というのも部品(piece)がほとんどないからです。狩猟家の中には、砲が一列に並んでいるために視界(visibilite)が悪いことを指摘する(reprocher)人もいます。最も美しく高価な銃は水平2連銃です。最後に、最もよく見られる水平2連銃は口径(calibre)16のものです。

Le fusil semi-automatique
準自動小銃

arme

準自動小銃は、法律では弾薬筒(cartouche)は3つまでしか装着できません。猟銃の使用は論争の的になり(controverse)ますが、この銃には保障される利点(avantage)がいくつかあります。まず発射(tir)のリズム(cadence)。前述の3つの弾薬筒は非常に短いスピードで一気に発射されます。砲が1つだけなのも価格の面で良い点です。古典的な銃より安価だ(inferieur)からです。とはいえ、この銃にはいくつかの欠点もあります。まず、砲が1つだけであるため弾(plomb)やチョークを選べないこと。またこの銃は、安全のためのlcasser(安全の為、銃をたたむこと)はできません。

ページ1    ページ2    ページ3





TOPへ
ライン
利用規約 お問い合わせ 対応機種 プライバシーポリシ
会員登録 会員削除 特定商取引法に基づく表示 メルマガ配信設定